Menu
0%
Mercure des Arts メルキュール・デザール

Mercure des Arts

Inspired by Mercury, a Roman god, a messenger,
Our magazine aspires to soar and seeks a new orbit,
A critique of creation and appreciation of music

メルキュール・デザール

古代ローマ神話の神々の伝令メルクリウスを仰ぎ
音楽の創造・享受の新たな軌道を翔る批評誌

メルキュール・デザールとは

音楽の創造・享受の新たな軌道を翔る批評誌

Vol.57 (2020/6/15)

contents

-------------------------------------------------------

メッセージ

全国自粛解除により、徐々にガイドラインに沿った公演が復活、

一方で様々な新しいスタイルでの創作の挑戦も続いています。

こうした斬新・意欲的な企画に本誌もできる限りの対応を試みたく、

情報をContact Usにお寄せください。

本誌における現在のコロナ関連の取り組みは以下です。

新型コロナ対応記録 

音楽の花輪#fiori_musicali_mercure

コロナ禍での取り組み

                       2020年6月22日

             Mercure des Arts 編集長 丘山万里子

------------------------------------------------------

2019年 第5回年間企画賞

創刊3周年特別企画「忘れがたい音楽体験」 〜本誌レギュラー執筆陣 (2018年)

自選ベストレヴュー&ベストコラム(2019年)

#fiori_musicali_mercure

Back Stage|武満徹の映画音楽|荻野珠

武満徹の映画音楽   text by 荻野珠( Madoka Ogino)  「まったく新しいことをしなくちゃ」 「既成概念にとらわれないで」 “クラシック”音楽を扱いながら、私たちが模索しているのは、ステージの上で生々...

Books | バイエルの謎—日本文化になったピアノ教則本 | 大河内文恵 

バイエルの謎—日本文化になったピアノ教則本 安田寛 著 新潮文庫 2016年3月出版 550円(税別) text by 大河内文恵 (Fumie Okouchi) 本書は、ムジカノーヴァ2006年9月号に掲載された安田氏...

注目のコンサート|2016年11月

♩11/1 アール・レスピラン第31回定期演奏会 室内楽の新たな可能性を求め、1985年に若手演奏家、作曲家によって結成された室内オーケストラ、アール・レスピラン。結成30周年記念シリーズⅡとして、松原勝也編曲のバッハ、...

Pick Up(16/09/15)|山田和樹が語る「柴田南雄生誕100年・没後20年記念演奏会」|丘山万里子

ヤマカズの記者懇談会 「知の巨人からの宿題」 2016年9月1日 杉並公会堂グランサロン Reported by 丘山万里子(Mariko Okayama) Photos by 林喜代種(Kiyotane Hayashi...

注目のコンサート|2016年10月

♩10/1<トッパンホール16周年 バースデーコンサート>フォーレ四重奏団 常設のピアノ四重奏団として活動しているフォーレ四重奏団、この日のコンサートではモーツァルト、ブラームスのピアノ四重奏曲に加え、細川俊夫がこのカル...

Pick Up(16/08/15)|中村紘子氏の訃報に寄せて|丘山万里子

中村紘子氏の訃報に寄せて text by 丘山万里子(Mariko Okayama) photos by 林喜代種(Kiyotane Hayashi)  2009年9月16日:デビュー50周年記念パーティー@帝国ホテル ...

カデンツァ|離脱と統合〜ケルト郷愁|丘山万里子

離脱と統合〜ケルト郷愁 text by 丘山万里子(Mariko Okayama) イギリスがEU(欧州連合)から離脱した。ふと、思い浮かんだのは、エンヤとケルトのこと。 1980年代後半に始まるケルト・ブームは、198...

パリ・東京雑感|夢見る力を 英国離脱後のEU|松浦茂長

夢見る力を 英国離脱後のEU text & photos by松浦茂長 ( Shigenaga Matsuura ) パリのアパルトマンのお隣さんはイギリス人の女性弁護士。去年の秋「英国がEUから出たら、私は国籍...

Back Stage|木のホールに満ちる、合唱音楽の響き

木のホールに満ちる、合唱音楽の響 〜神奈川県立音楽堂〜 text by 安田珠与(Tamayo Yasuda) 神奈川県立音楽堂は、1954年、公立施設としては日本で初めて本格的な音楽専用ホールとして開館しました。当時、...

撮っておきの音楽家たち|トン・コープマン|林喜代種

トン・コープマン(オルガン・チェンバロ奏者 指揮者) 2016年6月21日 ミューザ川崎シンフォニーホール photos & text by 林喜代種(Kiyotane Hayashi) バロック音楽界の巨匠、ト...

撮っておきの音楽家たち|ギドン・クレーメル|林喜代種

ギドン・クレーメル(ヴァイオリン奏者) 2016年6月7日 サントリーホール photos & text by 林喜代種(Kiyotane Hayashi) 今年の6月来日公演で、ギドン・クレーメルはピアノの共演...

五線紙のパンセ|その2)静寂を操る境界の駆け引き|鷹羽弘晃

その2)静寂を操る境界の駆け引き text by鷹羽弘晃(Hiroaki Takaha) 現代音楽を指揮することがあります。もともと指揮者に憧れて音楽の道を志したのですが、そのために勉強していた作曲の方に興味が出てきて、...

Books|ウィーン・フィルとともに45年間―名コンサートマスター、キュッヒルの音楽手帳|藤原聡

ウィーン・フィルとともに45年間―名コンサートマスター、キュッヒルの音楽手帳 ライナー・キュッヒル 取材・文:野村三郎 音楽之友社 1,500円+税 text by 藤原聡(Satoshi Fujiwara) 個人的な体...

注目のコンサート|2016年9月

♩9/1 能×イタリア現代音楽 2016年の日伊国交樹立150周年記念として開催されるイタリア人作曲家による能の謡の現代曲コンサート。能の青木涼子は、現代音楽作曲家との共同作業で国際的に活躍しているパフォーマー。今回はガ...

注目の1枚|シベリウス:交響曲第3番 ハ長調 op.52|藤原聡

シベリウス:交響曲第3番 ハ長調 op.52 同:第6番 ニ短調 op.104 同:第7番 ハ長調 op.105 ミネソタ管弦楽団 指揮:オスモ・ヴァンスカ text by 藤原聡(Satoshi Fujiwara) 録...

folios critiques ⑥|ホール雑感|船山隆

folios critiques ⑥ ホール雑感 text by 船山隆(Takashi Funayama) 写真提供:タッシ・アーツ 大学での講義や会議から解放されてすでに久しいが、この間の大きな変化の一つは、 演奏会...