Menu
0%
Mercure des Arts メルキュール・デザール

Mercure des Arts

Inspired by Mercury, a Roman god, a messenger,
Our magazine aspires to soar and seeks a new orbit,
A critique of creation and appreciation of music

メルキュール・デザール

古代ローマ神話の神々の伝令メルクリウスを仰ぎ
音楽の創造・享受の新たな軌道を翔る批評誌

カデンツァ|ハリウッド的ベートーヴェン?|丘山万里子

ハリウッド的ベートーヴェン? text by 丘山万里子(Mariko Okayama) 最近、とても考えさせられ、今も考えて続けているコンサートのこと。 フランツ・ウェルザー=メスト率いるクリーブランド管弦楽団のベート...

パリ・東京雑感|平成の禊ぎ 不吉なオウム大量死刑執行|松浦茂長

平成の禊ぎ 不吉なオウム大量死刑執行 text & photos by 松浦茂長( Shigenaga Matsuura) 麻原彰晃らオウム真理教の7人が処刑された日、フランスで法学を研究している若い日本女性から...

ウィーン留学記|ライヒェナウ演劇祭|蒲知代

ライヒェナウ演劇祭 text & photos by 蒲知代(Tomoyo Kaba) 「可愛い子には旅をさせよ。」 先日父から届いた短いメールに書かれていた諺だ。読んだ瞬間、とても恥ずかしくなって、即座にメール...

小人閑居為不善日記|家族の肖像、孤独の肖像――《万引き家族》と《未来のミライ》|noirse

家族の肖像、孤独の肖像――《万引き家族》と《未来のミライ》 text by noirse 1 遅ればせながら《万引き家族》を見に行った。日本映画として21年振りとなる、カンヌ映画祭の最高賞パルムドール受賞作だ。 冒頭から...

五線紙のパンセ|建屋の記憶|山本裕之

建屋の記憶 text & photos by 山本裕之(Hiroyuki Yamamoto) 音に対する興味から音楽を書くのであって、社会性を絡めた作品を書くという発想は基本的にない。しかしごくたまにそのようなも...

カデンツァ|ガスパロ・ダ・サロが来た!|丘山万里子

ガスパロ・ダ・サロが来た! text & photos by 丘山万里子(Mariko Okayama) ガスパロ・ダ・サロが手元に来た、と友人の楽器職人Sさんからの知らせ。 ガスパロ・ダ・サロ(1540~160...

パリ・東京雑感|独裁者を羨むトランプ大統領 プーチンはなぜ強い?|松浦茂長

独裁者を羨むトランプ大統領 プーチンはなぜ強い? text by松浦茂長(Shigenaga Matsuura) トランプ大統領は、北朝鮮の金正恩党委員長に会ったあと、うらやましくてたまらない様子で「彼が話すと北朝鮮国民...

ウィーン便り|ルプレヒト教会の古楽演奏会|佐野旭司

ルプレヒト教会の古楽演奏会 text & photos by 佐野旭司(Akitsugu Sano) ウィーン滞在を終えて帰国する日が近づいてきた。この文章がアップされる頃にはもう日本にいる予定だ。今の心境はとい...

撮っておきの音楽家たち|ニコラ・アルトシュテット|林喜代種

ニコラ・アルトシュテット(指揮&チェロ奏者) photos & text by 林喜代種(Kiyotane Hayashi) 1982年にニコラ・アルトシュテットは一方はドイツ系、もう一方がフランス系のルーツを持...

小人閑居為不善日記|炎上と廃墟と忘却の夏|noirse

炎上と廃墟と忘却の夏 text by noirse 1 ロックバンド、RADWIMPSの新曲〈HINOMARU〉が、軍歌を連想させるとしてネットで炎上した。歌詞を書いたボーカル、野田洋次郎が謝罪するも、火の粉はしばらくく...

五線紙のパンセ|島の記憶(2)|山本裕之

島の記憶(2) text & photos by 山本裕之(Hiroyuki Yamamoto) 50年前に日本でどのような歌謡曲がヒットしていたのかを探してみた。「ああ、この曲が」と現代の日本人でさえ誰でも知っ...

カデンツァ|エルサレム、そして『Imagine』|丘山万里子

エルサレム、そして 『Imagine』 text & photos by 丘山万里子(Mariko Okayama) 5月14日、エルサレムに米大使館移転を受け、反発するパレスチナ人の抗議デモへイスラエル軍が銃撃...