Menu
0%
Mercure des Arts メルキュール・デザール

Mercure des Arts

Inspired by Mercury, a Roman god, a messenger,
Our magazine aspires to soar and seeks a new orbit,
A critique of creation and appreciation of music

メルキュール・デザール

古代ローマ神話の神々の伝令メルクリウスを仰ぎ
音楽の創造・享受の新たな軌道を翔る批評誌

撮っておきの音楽家たち|リュカ・ドゥバルグ|林喜代種

リュカ・ドゥバルグ(ピアニスト)  2018年2月14日・18日 サントリーホール    2月20日  トッパンホール photos & text by 林喜代種 (Kiyotane Hayashi) 2月に来日...

パリ・東京雑感|私たちをおびやかす『苦海浄土』 石牟礼道子さんを失って|松浦茂長

私たちをおびやかす『苦海浄土』 石牟礼道子さんを失って        Text by 松浦茂長 (Shigenaga Matsuura) 石牟礼道子さんが亡くなった。池澤夏樹氏が世界文学全集30巻を編集したとき、ただ一人...

ウィーン便り|ヘンデルの演奏会|佐野旭司

ヘンデルの演奏会 text & photo by 佐野旭司  (Akitsugu  Sano) 前回は暖冬について話題にしたが、その後は暖冬というほどではなくむしろ寒い日が続いた。そして2月に2回ほど大雪になり、...

五線紙のパンセ|消えゆく「輪郭線」(1)|金子仁美

消えゆく「輪郭線」(1) text by 金子仁美(Hitomi Kaneko) 19世紀後半のフランス。絵画の世界で起きた有名なあの「出来事」を振り返り、輪郭線、戸外、光に思いを馳せながら、モネ(Claude Mone...

小人閑居為不善日記 | ECDと『リバーズ・エッジ』が註釈する歴史|noirse

ECDと『リバーズ・エッジ』が註釈する歴史 text by noirse 1 1月24日、立て続けに2人のミュージシャンが世を去った。ひとりはイギリスのバンド、ザ・フォールのマーク・E・スミス。もうひとりは日本のラッパー...

カデンツァ|クラシックの上から目線|丘山万里子

クラシックの上から目線 text by 丘山万里子( Mariko Okayama) 3年ほど前のこと。 知り合いが、若い女性ピアニストで素晴らしいショパンを弾く人がいる、としきりに絶賛するので、なんとか聴きたいものだ、...

クセナキス『形式化された音楽』監訳者に聞く/メールインタビュー第1回| 野々村禎彦& 齋藤俊夫

クセナキス『形式化された音楽』監訳者に聞く/メールインタビュー 第1回「クセナキスの数学的理論と人間性のドグマ」 text by 野々村禎彦 (Yoshihiko Nonomura) & 齋藤俊夫 (Toshio Sai...

撮っておきの音楽家たち|ピーター・ウィスペルウェイ|林喜代種

ピーター・ウィスペルウェイ (チェロ奏者)  2018年1月10日  トッパンホール photos & text by 林喜代種 (Kiyotane Hayashi) 今年、ニューイヤー・コンサートとしては特異な...

パリ・東京雑感|誘惑vsセクシュアル・ハラスメント ドヌーブらの#MeToo批判|松浦茂長

誘惑vsセクシュアル・ハラスメント ドヌーブらの#MeToo批判 text by 松浦茂長(Shigenaga Matstuura) 「私たちは口説く自由を擁護する。それは性の自由に不可欠であるから」という冗談みたいなタ...

ウィーン便り|暖冬?|佐野旭司

暖冬? text & photos by 佐野旭司 ( Akitsugu Sano) 東京では1月末~2月初めに2回ほど記録的な大雪になったとか。日本にいる友達がTwitterやInstagramなどに写真を載せ...

小人閑居為不善日記|光と闇、《ゲド戦記》と《スター・ウォーズ》|noirse

光と闇、《ゲド戦記》と《スター・ウォーズ》 text by noirse 1 アーシュラ・K・ル=グウィンが亡くなった。代表作はいくつかあるが、ル=グウィンといえば、何と言っても《ゲド戦記》だろう。 第1巻《影との戦い》...

五線紙のパンセ|敦盛|伊左治 直 

敦盛 text by  伊左治 直 ( Sunao Isaji) 子供の頃に『黄金の日日』という大河ドラマがあり、織田信長の有名なセリフ「人間五十年」が印象的だった。ちなみに信長役は高橋幸治。現在でも信長に最も似ている俳...