Menu
0%
Mercure des Arts メルキュール・デザール

Mercure des Arts

Inspired by Mercury, a Roman god, a messenger,
Our magazine aspires to soar and seeks a new orbit,
A critique of creation and appreciation of music

メルキュール・デザール

古代ローマ神話の神々の伝令メルクリウスを仰ぎ
音楽の創造・享受の新たな軌道を翔る批評誌

パリ・東京雑感|スター哲学者に罵声 不気味な反ユダヤ主義|松浦茂長

スター哲学者に罵声 不気味な反ユダヤ主義 text by 松浦茂長(Shigenaga Matsuura) フランスでは土曜日ごとに全国で「黄色いベスト」を着たデモが繰り返され、2月16日は14回目。マスコミの扱いも尻す...

小人閑居為不善日記|チャイルディッシュ・ガンビーノはハンドルを握らない――《グリーンブック》と〈This Is America〉|noirse

チャイルディッシュ・ガンビーノはハンドルを握らない――《グリーンブック》と〈This Is America〉 text by noirse 1 何度も言ってきたが、わたしはミーハーである。そんなわたしにとってグラミー賞と...

ウィーン留学記|ライムントの魔法妖精劇|蒲知代|

ライムントの魔法妖精劇 text & photos by 蒲知代(Tomoyo Kaba) ウィーンに留学した当初、日本語を学んでいるオーストリア人の学生と日本語で話すのに苦労した。自分がいつも話しているように日...

撮っておきの音楽家たち|ジャン=ジャック・カントロフ|林喜代種    

ジャン=ジャック・カントロフ(ヴァイオリン奏者・指揮者)   2019年2月26日 武蔵野市民文化会館 photos & text by林喜代種( Kiyotane Hayashi)  フランスを代表するヴァイオ...

五線紙のパンセ|ソルフェージュ教育と私|森山智宏

ソルフェージュ教育と私 text by 森山智宏 (Tomohiro Moriyama) 第3回は「ソルフェージュ教育と私」。 私は現在、桐朋学園音楽部門の専任教員として、音楽教室、高校から大学まで、週に7コマのソルフェ...

Pick Up (19/3/15)|公開シンポジウム「戦争/暴力」と人間―美術と音楽が伝えるもの―|能登原由美

公開シンポジウム「戦争/暴力」と人間―美術と音楽が伝えるもの― 2019年4月14日 本願寺聞法会館 研修室1 text by 能登原由美 (Yumi Notohara) あなたは、藤田嗣治の《アッツ島玉砕》(東京国立近...

カデンツァ|不思議な響き〜庭の梅とベルチャ弦楽四重奏団〜|丘山万里子

不思議な響き〜庭の梅とベルチャ弦楽四重奏団〜 text & photos by 丘山万里子(Mariko Okayama) 昨年末、枯れた梅を伐採した。枯れ木を蔦がびっしり覆い、寒空にいかにも不憫であったので。 ...

特別寄稿|加藤綾子ヴァイオリン・リサイタル《コンプレクス。》|近藤秀秋

加藤綾子ヴァイオリン・リサイタル《コンプレクス。》 text by 近藤秀秋 (Hideaki Kondo) Photos by ©ILA 《コンプレクス。》、それが昨春に洗足学園音大大学院を首席で卒業した新人ヴァイオリ...

撮っておきの音楽家たち|ファブリス・ミリシェー|林喜代種

ファブリス・ミリシェー(トロンボーン奏者) 2019年1月29日 武蔵野市民文化会館小ホール photos & text by 林喜代種(Kiyotane Hayashi) ファブリス・ミリシェーが最も注目を浴び...

パリ・東京雑感|危うい<共感>? 感情を鍛錬する|松浦茂長

危うい<共感>? 感情を鍛錬する text & photos by 松浦茂長(Shigenaga Matsuura) 正月は朝日新聞の『感情振動 ココロの行方』という連載に苦しめられた。今は感情の時代、共感、感動...

小人閑居為不善日記|《ミスター・ガラス》が生む分断、あるいはシャマランとアイン・ランド|noirse

《ミスター・ガラス》が生む分断、あるいはシャマランとアイン・ランド text by noirse 1 M・ナイト・シャマランの新作《ミスター・ガラス》が公開された。シャマランは弱冠29歳で完成させた《シックス・センス》(...

ウィーン留学記|シューベルト|蒲知代|

シューベルト text & photos by 蒲知代 (Tomoyo Kaba) 私が京大の指導教官に出会ったのは、大学に入って初めての夏休みのことだった。専攻は大学2回生の秋に決めるようになっていたので、夏休...