Menu
0%
Mercure des Arts メルキュール・デザール

Mercure des Arts

Inspired by Mercury, a Roman god, a messenger,
Our magazine aspires to soar and seeks a new orbit,
A critique of creation and appreciation of music

メルキュール・デザール

古代ローマ神話の神々の伝令メルクリウスを仰ぎ
音楽の創造・享受の新たな軌道を翔る批評誌

メルキュール・デザールとは

音楽の創造・享受の新たな軌道を翔る批評誌

Vol.57 (2020/6/15)

contents

-------------------------------------------------------

メッセージ

全国自粛解除により、徐々にガイドラインに沿った公演が復活、

一方で様々な新しいスタイルでの創作の挑戦も続いています。

こうした斬新・意欲的な企画に本誌もできる限りの対応を試みたく、

情報をContact Usにお寄せください。

本誌における現在のコロナ関連の取り組みは以下です。

新型コロナ対応記録 

音楽の花輪#fiori_musicali_mercure

コロナ禍での取り組み

                       2020年6月22日

             Mercure des Arts 編集長 丘山万里子

------------------------------------------------------

2019年 第5回年間企画賞

創刊3周年特別企画「忘れがたい音楽体験」 〜本誌レギュラー執筆陣 (2018年)

自選ベストレヴュー&ベストコラム(2019年)

#fiori_musicali_mercure

ウィーン便り|イタリア旅行記|佐野旭司

イタリア旅行記 text & photos by 佐野旭司(Akitsugu Sano) 前回の年末年始はウィーンで過ごしたが、今回はその時期イタリアに旅行に行き、旅先で年を越した。 12月29日から1月2日まで...

小人閑居為不善日記|悪魔とカルトのカリフォルニア――サンダーキャット《Drunk》|noirse

悪魔とカルトのカリフォルニア――サンダーキャット《Drunk》 text by noirse 1 サンダーキャットの《Drunk》は、2017年、各プレスで最も高く評価されたアルバムのひとつだ。 サンダーキャットのキャリ...

Back Stage|第一生命ホールで、オペラ!?|田中玲子

室内楽ホール de オペラ「林美智子の『フィガロ』!」 text by 田中玲子(Reiko Tanaka) いよいよ2年後に迫った東京オリンピック・パラリンピックの、選手村ができる場所はご存知ですか? 銀座から晴海通り...

五線紙のパンセ|酔っぱらいと綱渡り芸人(II)|伊左治 直

酔っぱらいと綱渡り芸人(II) text by 伊左治 直 (Sunao Isaji) 新年あけましておめでとうございます。 一年のなかで、この月を担当する者にしか与えられない挨拶、その特権を行使してみた。 なかなか気持...

Books | おたまじゃくし無用論|谷口昭弘

おたまじゃくし無用論 小泉文夫著 いんなあとりっぷ1973年5月出版 560円 (当時) text by 谷口昭弘 (Akihiro Taniguchi) 小泉文夫といえば日本に「民族音楽」の愛好家を多く誕生させ、自らも...

注目のコンサート|2018年2月

♩2/2 木嶋真優 ヴァイオリン・リサイタル 2016年新設の第1回上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクール優勝の木嶋は10代からすでに華やかなキャリアを積んできた。その成長ぶりを示す6年ぶりの自主公演である...

カデンツァ|ピーター・ゼルキンの「ま(間)」|丘山万里子

ピーター・ゼルキンの「ま(間)」 text by 丘山万里子(Mariko Okayama) photos by 林喜代種(Kiyotane Hayashi) プレスラーのモーツァルトを聴いている時(10/21)、P・ゼ...

撮っておきの音楽家たち|サー・サイモン・ラトル|林喜代種

サー・サイモン・ラトル(指揮者)           2017年11月22日 ホテル・オークラ東京(会見) 2017年11月24日 サントリーホール(演奏会) photos & text by 林喜代種(Kiyo...

ウィーン便り|赤十字バル|佐野旭司

赤十字バル text & photos by 佐野旭司 (Akitsugu  Sano) 11月中旬になると街中ではクリスマスマーケットの設営も進み、またイルミネーションも徐々に見られるようになり、クリスマスが近...

パリ・東京雑感|本当は保守的なリベラルの心 家族と愛国|松浦茂長

本当は保守的なリベラルの心 家族と愛国 text & phots by松浦茂長(Shigenaga Matsuura) 政治史学者の御厨貴さんによると、今の時代、保守と革新を見分ける標は家族観だそうだ。夫婦別姓を...

小人閑居為不善日記|神と宇宙とカレーライス――遠藤賢司追悼|noirse

神と宇宙とカレーライス――遠藤賢司追悼 text by noirse 1 昨年、ボブ・ディランがノーベル文学賞に選ばれた際、当初は明確な返事を出さなかったことを覚えているだろう。この態度、ノーベル賞になびかない姿勢だとフ...

Books|哲学としての美学|齋藤俊夫

哲学としての美学 〈美しい〉とはどういうことか ギュンター・ペルトナー著 渋谷治美監訳 晃洋書房 2017年4月出版 5000円(税別) text by 齋藤俊夫 (Toshio Saito) ギュンター・ペルトナーは1...

Back Stage|神奈川フィル×川瀬賢太郎 文化創造の横浜へ|田賀浩一朗

神奈川フィル×川瀬賢太郎 文化創造の横浜へ text by 田賀浩一朗(Koichiro Taga) 神奈川フィルハーモニー管弦楽団は、1970年県内の音楽家が集まり、鎌倉で発足しました。以来47年の間、多くの苦難に見舞...

撮っておきの音楽家たち|ヴァンサン・ル・テクシエ|林喜代種

ヴァンサン・ル・テクシエ(バリトン歌手)           2017年11月26日 サントリーホール 2017年11月30日 武蔵野市民文化会館 photos & text by 林喜代種(Kiyotane H...

注目のコンサート|2018年1月

♩1/6 伶楽舎 雅楽コンサートno.33 伶楽舎は芝祐靖が音楽監督として1985年に発足した雅楽演奏団体。今回は「春鶯囀(しゅんのうでん)」という1時間を越える管絃の大曲を全曲演奏、またその中の2曲の舞楽を上演する。「...

五線紙のパンセ|酔っぱらいと綱渡り芸人(I)|伊左治 直

酔っぱらいと綱渡り芸人(I) text by 伊左治 直(Sunao Isaji) 2000年前後というと今から20年近く前のことになるが、その当時、H君という友人がいた。彼は10代の頃から勅使河原三郎のアシスタントをし...