Menu
0%
Mercure des Arts メルキュール・デザール

Mercure des Arts

Inspired by Mercury, a Roman god, a messenger,
Our magazine aspires to soar and seeks a new orbit,
A critique of creation and appreciation of music

メルキュール・デザール

古代ローマ神話の神々の伝令メルクリウスを仰ぎ
音楽の創造・享受の新たな軌道を翔る批評誌

Pick Up(19/4/15)|子供のためのワーグナー《さまよえるオランダ人》|藤堂 清

子供のためのワーグナー《さまよえるオランダ人》 (バイロイト音楽祭提携公演) 2019年3月21日 三井住友銀行 東館 ライジング・スクエア 1階 アース・ガーデン text by 藤堂 清 (Kiyoshi Tohdo...

ウィーン留学記|リンツ州立劇場|蒲知代

リンツ州立劇場 text & photos by 蒲知代(Tomoyo Kaba) 先日、留学先の指導教授から、温かいメールの返信が届いた。私はオフィスアワーに先生に会う約束をしていたが、39度を超える高熱を出し...

五線紙のパンセ|ペラルゴニウム・トリステ|川上統   

ペラルゴニウム・トリステ  text & photos by 川上統(Osamu Kawakami)   植物をいくつか育てている。多年草や越冬できる植物が二年目の春に再び芽吹いた時の喜びは他に代え難いものがある...

音楽にかまけている|タラスキンの音楽史|長木誠司

タラスキンの音楽史 text by 長木誠司(Seiji CHoki) リチャード・タラスキンの『西洋音楽の歴史』は、本体の5巻すべてに同じ「導入」が置かれている。そこで語られているのが彼の音楽史記述の骨子なのであるが、...

カデンツァ|降りつむ〜平成の終わりに|丘山万里子   

降りつむ 〜平成の終わりに text by 丘山万里子(Mariko Okayama)  音楽漬けになることが、音楽の豊饒を証すわけではない。日々、音楽の話題、コンサートに明け暮れ追われ、せっせツイートやブログに言葉を連...

音楽評論|現代音楽のために――これからの「抵抗」へ向けて|西村紗知

現代音楽のために――これからの「抵抗」へ向けて  text by 西村紗知(Sachi Nishimura)  ◆はじめに 日本の現代音楽プロパーが、日頃口にしないでいる事柄がある。それは「現代音楽は今もなお生き長らえて...

Pick Up (19/3/15)|林喜代種さん受賞に寄せて|丘山万里子

林喜代種さん 第29回新日鉄住金音楽賞特別賞受賞に寄せて text by 丘山万里子(Mariko Okayama) 本誌の『撮っておきの音楽家たち』執筆のほか、本誌レビューの多くを撮影なさっている林喜代種さんが、このた...

PickUp (19/3/15)|クルレンツィスとは何だろう|藤堂清

クルレンツィスとは何だろう text by 藤堂 清(Kiyoshi Tohdoh) photos by 林 喜代種(Kiyotane Hayashi) 撮影:2/12@アークヒルズカフェ(トークセッション) テオドール...

Pick Up (19/3/15) |ホセ・マセダ『カセット100』|齋藤俊夫

TPAM2019 ホセ・マセダ『カセット100』 2019年2月10日KAAT神奈川芸術劇場アトリウム text by 齋藤俊夫(Toshio Saito) photos by 前澤秀登(Hideto Maezawa)/...

撮っておきの音楽家たち|北川翔|林喜代種

北川翔(バラライカ奏者・指揮者) 2019年2月16日 新宿文化センター photos and text by 林喜代種 (Kiyotane Hayashi) バラライカ演奏の第一人者である北川翔がファンのためのコンサー...

パリ・東京雑感|スター哲学者に罵声 不気味な反ユダヤ主義|松浦茂長

スター哲学者に罵声 不気味な反ユダヤ主義 text by 松浦茂長(Shigenaga Matsuura) フランスでは土曜日ごとに全国で「黄色いベスト」を着たデモが繰り返され、2月16日は14回目。マスコミの扱いも尻す...

小人閑居為不善日記|チャイルディッシュ・ガンビーノはハンドルを握らない――《グリーンブック》と〈This Is America〉|noirse

チャイルディッシュ・ガンビーノはハンドルを握らない――《グリーンブック》と〈This Is America〉 text by noirse 1 何度も言ってきたが、わたしはミーハーである。そんなわたしにとってグラミー賞と...