Menu
0%
Mercure des Arts メルキュール・デザール

Mercure des Arts

Inspired by Mercury, a Roman god, a messenger,
Our magazine aspires to soar and seeks a new orbit,
A critique of creation and appreciation of music

メルキュール・デザール

古代ローマ神話の神々の伝令メルクリウスを仰ぎ
音楽の創造・享受の新たな軌道を翔る批評誌

メルキュール・デザールとは

音楽の創造・享受の新たな軌道を翔る批評誌

Vol.57 (2020/6/15)

contents

-------------------------------------------------------

メッセージ

全国自粛解除により、徐々にガイドラインに沿った公演が復活、

一方で様々な新しいスタイルでの創作の挑戦も続いています。

こうした斬新・意欲的な企画に本誌もできる限りの対応を試みたく、

情報をContact Usにお寄せください。

本誌における現在のコロナ関連の取り組みは以下です。

新型コロナ対応記録 

音楽の花輪#fiori_musicali_mercure

コロナ禍での取り組み

                       2020年6月22日

             Mercure des Arts 編集長 丘山万里子

------------------------------------------------------

2019年 第5回年間企画賞

創刊3周年特別企画「忘れがたい音楽体験」 〜本誌レギュラー執筆陣 (2018年)

自選ベストレヴュー&ベストコラム(2019年)

#fiori_musicali_mercure

注目の1枚|ショスタコーヴィチ:交響曲第9番 変ホ長調 OP.70|藤原聡

ショスタコーヴィチ:交響曲第9番 変ホ長調 OP.70 同:交響曲第5番 ニ短調 OP.47 同:交響曲第8番 ハ短調 OP.65 同:劇音楽『ハムレット』からの組曲(抜粋) ボストン交響楽団 指揮:アンドリス・ネルソン...

Back Stage|ユリアンナ・アヴデーエワ・プロジェクト

再会の響き――ユリアンナ・アヴデーエワ・プロジェクト text by 松岳祥(Sachi Matsuoka) すみだトリフォニーホールは、東京スカイツリーがそびえる墨田区の中心・錦糸町の駅前にあります。街区の中という限ら...

カデンツァ|「この道」は、|丘山万里子

「この道」は、 text by 丘山万里子(Mariko Okayama) 本誌《五線紙のパンセ》vol.6で<冬の時代>と題して、寺嶋陸也氏が「戦争前夜」を思わせる日本の今日的状況を指摘しつつ、以下のように書いている。...

Books | 武満徹・音楽創造への旅|佐伯ふみ

武満徹・音楽創造への旅 立花 隆 文藝春秋 2016年2月刊行 本体4000円 text by 佐伯ふみ(Fumi Saeki) 武満徹没後20年にあたり、伝説の連載がついに本になった。 総頁784頁、四六判で24行×2...

パリ・東京雑感|のぞき見の勧め 行き過ぎた個人主義とは?|松浦茂長

のぞき見の勧め 行き過ぎた個人主義とは? text by松浦茂長(Shigenaga Matsuura) ヒチコックの傑作『裏窓』はのぞき見物語だ。主人公のカメラマンの窓からは、中庭の向こうのアパートの住人たちの生活が、...

撮っておきの音楽家たち|レナード・スラットキン|林喜代種

レナード・スラットキン(指揮者) 2016年4月28日(N響定期) サントリーホール photos & text by 林喜代種(Kiyotane Hayashi) アメリカの巨匠レナード・スラットキンが4年振り...

五線紙のパンセ|よどみつ ながれつ その2)|中村寛

よどみつ ながれつ その2) text by 中村寛(Hiroshi Nakamura) 東京都慰霊堂、蔵前橋のほとりに隅田川のよどみを望む異形の塔、その詳細を知ったのは友人が書いた詩だった。自宅から都心に向かう途中、両...

Back Stage|東京都交響楽団

新音楽監督・大野和士と新たな旅、遥かなる世界へ text by 佐藤容子(Yoko Sato) 戦後から高度成長へ、日本人の生活も価値観も大きく変貌していった昭和30年代。三種の神器、首都高・新幹線開通、そして日本中を熱...

注目のコンサート(2016年6月)

♩6/1 福間洸太朗「トランスフォーメーション=変形・変質」 パリ国立高等音楽院、ベルリン芸術大学・同大学院、コモ湖国際ピアノアカデミーで学び、国際舞台で活躍するピアニスト福間洸太朗。2003年、20歳でクリーヴランド国...

注目のコンサート(2016年5月)

♩5/3~5/5 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016 今や5月の音楽風物詩となったラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」、今年のテーマは驚きとイマジネーションに満ちた音楽の旅「ナチュール...

カデンツァ|尾高惇忠『ピアノ協奏曲』を聴いて|丘山万里子

尾高惇忠『ピアノ協奏曲』を聴いて text by 丘山万里子(Mariko Okayama) 日本フィルハーモニー交響楽団創立期の1958年に開始された邦人作品委嘱シリーズ<日本フィル・シリーズ>が10年ぶり、41作目の...

folios critiques⑤|柴田南雄のメモリアルイヤー|船山隆

folios critiques⑤ 柴田南雄のメモリアルイヤー text by:船山隆 (Takashi Funayama) 今年は作曲家・音楽学者・評論家柴田南雄の生誕100年、没後20年に当たる記念すべき年である。昨...

特別寄稿|ほんとうの数学|牧野 哲

ほんとうの数学 text by 牧野 哲(Tetu Makino) 先月の丘山万里子さんの<カデンツァ/ほんとうの科学>は、音楽の人が重力波の観測のニュースをどう受け止めたかということを語る貴重なエッセーであり、興味深く...

撮っておきの音楽家たち|野坂操壽|林喜代種

野坂操壽(筝曲家) 2016年3月24日 浜離宮朝日ホール photos & text by 林喜代種(Kiyotane Hayashi) 筝曲家・野坂操壽の二十五弦筝制作25周年記念コンサートが行われた。 伝統...

撮っておきの音楽家たち|ミシェル・ベロフ|林喜代種

ミシェル・ベロフ(ピアニスト・教育家) 2016年3月17日 すみだトリフォニーホール photos & text by 林喜代種(Kiyotane Hayashi) 1950年フランス生まれ。1966年パリ国立高等音楽...

五線紙のパンセ|よどみつながれつ その1)|中村寛

よどみつながれつ その1) text by 中村寛(Hiroshi Nakamura) 巨大なビル群がひしめき合い、スカイツリーの威容が天を突く東京都心、5-6000年前、ここは広大な海だった。現在、その周辺に茫洋たるベ...