Menu

プロムナード|ベルリンの私のおばあさん|小石かつら

撮っておきの音楽家たち|ベルナルト・ハイティンク

漢語文献学夜話|Fragile: a Chinese Song|橋本秀美

カルヴァン

パリ・東京雑感|宗教警察の効用 ジュネーブの神権政治とその遺産|松浦茂長

小人閑居為不善日記|時代は変わる――《007/ノー・タイム・トゥ・ダイ》と《DUNE/デューン 砂の惑星》|noirse

タンペレゆるゆる滞在記|5 フィンランドの原風景と文化| 徳永崇

特別寄稿|私のフランス、私の音|パリで聴くワルシャワからのショパン|金子陽子

評論|西村朗 考・覚書(15) ヘテロフォニー(Ⅱ)|丘山万里子

五線紙のパンセ|第1回 音楽を通してまだ知らない世界を知る|渋谷由香

撮っておきの音楽家たち|レオニダス・カヴァコス|林喜代種

カデンツァ|緊急入院〜声、闇と薄明の狭間で|丘山万里子

プロムナード|断層の音|能登原由美

撮っておきの音楽家たち|ジャンポール・ベルモンド|林喜代種

五線紙のパンセ|音楽関連本は絶滅危惧種・・捨ててはならない!|横島浩

タンペレゆるゆる滞在記|4 高邁な研究、ついに始動|徳永崇

特別寄稿|作曲家と演奏家の対話・VI|『コロナ禍生存者の考察』 |ダムニアノヴィッチ&金子

タリバン

パリ・東京雑感|アフガニスタンの失敗から米国は学んだのか?|松浦茂長

小人閑居為不善日記|ジョジョリオンは「繋がらない」――《ワイルド・スピード》と《ジョジョの奇妙な冒険》|noirse

評論|西村朗 考・覚書(14) ヘテロフォニー(I)|丘山万里子

評論|伊福部昭―独り立てる蒼鷺―7.間奏曲~『アリオーソ』に導かれて|齋藤俊夫

Dialogue entre compositeur et interprète | VI. Réflexions des survivants du Covid | Alexandre Damnianovitch et Yoko Kaneko

Дијалог између композитора и извођања VI | Размишљања оних који су преживели корону | Александар Дамњановић и Jоко Канеко

カデンツァ|松村禎三交響作品展で|丘山万里子

プロムナード|真夏の挽歌|大河内文恵