Menu

評論|伊福部昭―独り立てる蒼鷺―15.(最終回)蒼鷺は飛びぬ、未だ見ぬ郷里へと|齋藤俊夫

カデンツァ|伝統と傳燈〜本條秀太郎の端唄から|丘山万里子

プロムナード|裏庭の訪問者たち|藤堂清

五線紙のパンセ|疑わしい音楽(1)|池田拓実

小人閑居為不善日記|旅を終わらせた男――《PERFECT DAYS》について|noirse

パリ・東京雑感|やさしさだけでない村のホトケの霊力 『みちのく いとしい仏たち』|松浦茂長

評論|西村朗 考・覚書(38) 『清姫―水の鱗』〜殉愛と滅びの美・光・祈り|丘山万里子

評論|伊福部昭―独り立てる蒼鷺―14. エグザイル・オン・レイト・スタイル……二十五絃箏曲『琵琶行―白居易ノ興ニ效フ―』|齋藤俊夫

カデンツァ|新しい風…務川慧悟、ファン&カントロフ|丘山万里子 

プロムナード|視覚からの訴求|戸ノ下達也

パリ・東京雑感|残酷さの感染をねらうイスラム・テロ|松浦茂長

小人閑居為不善日記 |ダンジョンと世界の終わり――《終わらない週末》と《ダンジョン飯》|noirse

評論|西村朗 考・覚書(37)『清姫―水の鱗』〜熊野古道の旅|丘山万里子 

カデンツァ|「手」〜医は仁なり〜|丘山万里子 

プロムナード |ワルシャワのスープ| 小石かつら

Thưởng thức vở mới “Công nữ Anio”|Haruka Kanoh

特別寄稿|新作《アニオー姫》を鑑賞して:日越関係が響かせたオペラの魅力|加納遥香

パリ・東京雑感|イスラエルとパレスチナ 死をもたらす心の断絶|松浦茂長

小人閑居為不善日記|剥ぎ取られた顔――《首》と《鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎》|noirse

評論|西村朗 考・覚書(36)西村朗と佐々木幹郎〜受苦と大悲〜合唱連作の道|丘山万里子

カデンツァ|繰り返す憎悪の歴史にあって|丘山万里子

プロムナード |「なか」と「そと」と| 大田美佐子

パリ・東京雑感|虐殺の彼方にほの見えるパレスチナ解放? |松浦茂長

特別寄稿|ワルシャワへの旅より|柿木伸之