Menu

小人閑居為不善日記|エヴァンゲリオンと3つの歌 | noirse

小人閑居為不善日記|ワンダヴィジョンの美しい夢 | noirse

小人閑居為不善日記|世界の法則を回復せよ――本格ミステリと陰謀論| noirse

小人閑居為不善日記|マンクになれなかった男—《マンク》と《神様になった日》 | noirse

小人閑居為不善日記|鬼と魔女と妖精の旅――《鬼滅の刃》、《魔女見習いをさがして》、《羅小黒戦記》| noirse

小人閑居為不善日記|狂っているのは誰か――《スパイの妻》について|noirse

小人閑居為不善日記|TENETの「主人公」とは何者なのか――クリストファー・ノーランは「トランプ時代」をどう描いたか|noirse

小人閑居為不善日記|プレイリスト、祈りの時間――ディラン、WAVES、日本沈没|noirse   

小人閑居為不善|BLMをよく知るための「白人」映画――ジョン・フォードからランボーへ|noirse

小人閑居為不善日記|懐かしい「コロナショック後の時代」へ――《エンドゲーム》とマノエル・デ・オリヴェイラの旅|noirse

小人閑居為不善日記|ソーシャル・ディスタンス・ゲーマーズ――「アマビエ」とタルコフスキー|noirse

小人閑居為不善日記|パンデミックの中、映画を見る――《キャッツ》と《ブレードランナー》|noirse

小人閑居為不善日記|ハリウッド・スタンダードの行方――《パラサイト》と《リチャード・ジュエル》|noirse

小人閑居為不善日記|《パラサイト》とビリー・アイリッシュが紡ぐ絶望のかたち|noirse

小人閑居為不善日記|家族というコンテンツ〜スター・ウォーズとドクター・スリープ|noirse

小人閑居為不善日記|《アイリッシュマン》にやすらぎはあるか|noirse

小人閑居為不善日記|ジョーカーたちのホワイト・ルーム――吾妻ひでお追悼に代えて|noirse

小人閑居為不善日記|シャロン・テートとウッディ・プライド――《ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド》について|noirse

小人閑居為不善日記|京都アニメーションは歩み続ける|noirse

小人閑居為不善日記|スプリングスティーンの夢と敗北|noirse

小人閑居為不善日記|アベンジャーズの弱み、ポケモンの歪み|noirse

小人閑居為不善日記|平成、廃墟の時代(後編)――ヴェイパーウェイヴとロマン主義|noirse

小人閑居為不善日記|平成、廃墟の時代(前編)――渋谷系とブックオフ文化|noirse

小人閑居為不善日記|チャイルディッシュ・ガンビーノはハンドルを握らない――《グリーンブック》と〈This Is America〉|noirse

1 2