Menu

齋藤俊夫

Posts by 齋藤俊夫

特別寄稿|バーゼルの売春宿(前編)〜パウル・ザッハー財団訪問記(4)|浅井佑太

バーゼルの売春宿(前編)〜パウル・ザッハー財団訪問記(4) Basler brothel: Part 1 – Report on visit to the Paul Sacher Stiftung(4) Text &am
+ Read More

ルネサンスと鳩時計——東京人から見たスイス|サッフォーから安楽死へ(2) | 秋元陽平

サッフォーから安楽死へ(2) From Sappho to Euthanasia (2) Text & Photos by 秋元陽平(Yohei Akimoto) ヴァイオリニストの彼女がHさんの誕生日に捧げたそ
+ Read More

特別企画|遠隔授業奮闘記|谷口昭弘

遠隔授業奮闘記 My Struggle to Create a Distance Learning Program Text & Photos by 谷口昭弘(Akihiro Taniguchi) 今回のメルキュ
+ Read More

特別企画|2020年5月5日 コロナ禍に考えたこと|大田美佐子

2020年5月5日 コロナ禍に考えたこと Reported by 大田美佐子(Misako Ohta) [見える景色が変わる -行動変容と舞台芸術] WHOがCOVID-19のパンデミックを宣言してから二ヶ月が過ぎた。ま
+ Read More

特別企画|原爆の図丸木美術館のこと|丘山万里子

原爆の図丸木美術館のこと Maruki Gallery For The  Hiroshima Panels Text by 丘山万里子(Mariko Okayama) 写真提供:原爆の図丸木美術館 「僕は美には興味がない
+ Read More

小人閑居為不善日記|ソーシャル・ディスタンス・ゲーマーズ――「アマビエ」とタルコフスキー|noirse

ソーシャル・ディスタンス・ゲーマーズ――「アマビエ」とタルコフスキー Cinema in the Pandemic――Amabie and Stalker Text by noirse 1 この連載、大半は新作映画を論じ
+ Read More

特別寄稿|私のフランス、私の音|(5)言葉に埋もれて|金子陽子

(5)『言葉に埋もれて』  L’immersion linguistique.   Text & Photos by 金子陽子(Yoko Kaneko) 「今日の演奏会の冒頭の挨拶は何語から始めるべきだろう?」ベ
+ Read More

特別企画|電話展示 Emergency Callについて(その他諸々)|西村紗知

電話展示 Emergency Callについて(その他諸々) Talking about Exhibition ‘Emergency Call’, and more 電話展示 Emergency
+ Read More

パリ・東京雑感|新型コロナは自然が突きつけた最後通牒?|松浦茂長

新型コロナは自然が突きつけた最後通牒? Nature Delivers Us an Ultimatum: Covid-19 Text by 松浦茂長(Shigenaga Matsuura) ルーアンはモネの描いたカテドラ
+ Read More

ウィーン留学記|ゲーテの『ファウスト』――オペラ、演劇、イェリネクの二次戯曲|蒲知代|

ゲーテの『ファウスト』――オペラ、演劇、イェリネクの二次戯曲 Goethes Faust: Oper, Theaterstück und Jelineks Sekundärdrama Text & Photos
+ Read More

評論|伊福部昭―独り立てる蒼鷺|2.『日本狂詩曲』は民族性を横断する|齋藤俊夫

2.『日本狂詩曲』は民族性を横断する  2. “Japanese Rhapsody” crosses ethnicity. Text by 齋藤俊夫(Toshio Saito) 伊福部昭を巡る言説中に頻発する「日本的」「
+ Read More

Books|オペラで楽しむヨーロッパ史|小石かつら

オペラで楽しむヨーロッパ史 加藤浩子 著 平凡社新書 2020年3月出版 880円(税別) Text by 小石かつら(Katsura Koishi) オペラについての、入門書でも専門書でもない。本書は、ちょうど「その間
+ Read More

注目の一枚|ヴィキングル・オラフソン『ドビュッシー・ラモー』|能登原由美

ヴィキングル・オラフソン『ドビュッシー・ラモー』 Víkingur Ólafsson : Debussy・Rameau Text by 能登原由美(Yumi Notohara) レーベル/商品番号:Deutsche Gr
+ Read More

注目のコンサート|2020年6月

♩6/1,10,20 濱田芳通「笛の楽園」 【2021/5/11,18,25@全て豊洲シビックセンターホールへ公演延期】 初日はピアノとのインプロヴィゼーション、第2夜はソプラノ中山を迎えリコーダーと声の超絶技巧の饗宴、
+ Read More

井上郷子ピアノリサイタル#29 ~松平頼則・松平頼暁ピアノ作品集|西村紗知

井上郷子ピアノリサイタル#29 ~松平頼則・松平頼暁ピアノ作品集 SATOKO INOUE PIANO RECITAL #29 Piano Works by Yoritsuné Matsudaira & Yori
+ Read More

坂本光太チューバリサイタル vol.2 V・グロボカール作品演奏会|西村紗知

坂本光太チューバリサイタル vol.2 V・グロボカール作品演奏会 暴力 / ノイズ / グロボカール Kota SAKAMOTO Tuba Recital vol.2 Gewalt / Geräusch / Globo
+ Read More

評論|伊福部昭―独り立てる蒼鷺|1.だが蒼鷺は動かぬ|齋藤俊夫

伊福部昭―独り立てる蒼鷺―1.だが蒼鷺は動かぬ Akira Ifukube, Standing Gray Heron alone – 1. But the Gray Heron never fly. Text by 齋藤
+ Read More

注目のコンサート|2020年5月

♩5/2ルーシー・ホルシュ&トーマス・ダンフォード (公演中止) リコーダー界期待の星ルーシー・ホルシュの3度目の来日公演。今回はリュートのダンフォードとの共演で、ヴィヴァルディのリコーダーソナタといったリコーダー用のレ
+ Read More

ウィーン留学記|オーストリアのコロナ対策|蒲知代

オーストリアのコロナ対策 Coronavirus-Maßnahmen in Österreich Text & Photos by 蒲知代(Tomoyo Kaba) 今日は大丈夫でも、明日どうなるかは分からない。
+ Read More

Books | フォルテピアノ 19世紀ウィーンの製作家と音楽家たち | 大河内文恵

フォルテピアノ 19世紀ウィーンの製作家と音楽家たち 筒井はる香 著 アルテスパブリッシング 2020年3月出版 2200円(税別) Text by 大河内文恵 (Fumie Okouchi) ピアノという楽器を見たこと
+ Read More

カリフォルニアの空の下|オンライン生活のなかのアートの役割|須藤英子

カリフォルニアの空の下 Under the California Sky オンライン生活のなかのアートの役割 The role of art in online life Text & Photos by 須藤英子(Ei
+ Read More

緊急特別企画|もう一度「モノ消費」へ‐感染症騒動から(せめて)何かを持ち帰るために|多田圭介

もう一度「モノ消費」へ‐感染症騒動から(せめて)何かを持ち帰るために Text by多田圭介(Keisuke Tada) 1.感染症騒動から 2.ソーシャルネットワークの「閉じる力」 3.モノ消費からコト消費へ 4.自立
+ Read More

緊急特別企画|新型コロナウイルス流行下における文化産業|西村紗知

新型コロナウイルス流行下における文化産業 The COVID-19 crisis and the culture industry Text by 西村紗知(Sachi Nishimura) 東京は本当にすごいところだと
+ Read More

小人閑居為不善日記|パンデミックの中、映画を見る――《キャッツ》と《ブレードランナー》|noirse

パンデミックの中、映画を見る――《キャッツ》と《ブレードランナー》 Cinema in the Pandemic――Cats and Blade Runner Text by noirse ※《ブレードランナー》の結末に
+ Read More

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24