Menu

柿木伸之

柿木伸之 Nobuyuki Kakigi 鹿児島市出身。20世紀のドイツ語圏を中心に哲学と美学を研究。芸術評論も手がける。著書に『ヴァルター・ベンヤミン──闇を歩く批評』(岩波新書、2019年)、『断絶からの歴史──ベンヤミンの歴史哲学』(月曜社、2021年)、『ベンヤミンの言語哲学──翻訳としての言語、想起からの歴史』(平凡社、2014年)、『燃エガラからの思考──記憶の交差路としての広島へ』(インパクト出版会、2022年)、『パット剝ギトッテシマッタ後の世界へ──ヒロシマを想起する思考』(インパクト出版会、2015年)などがある。訳書に『細川俊夫 音楽を語る──静寂と音響、影と光』(アルテスパブリッシング、2016年)がある。上智大学大学院哲学研究科博士後期課程満期退学。博士(哲学)。上智大学文学部哲学科助手、広島市立大学国際学部教授を経て、現在西南学院大学国際文化学部教授。

Posts by 柿木伸之

Hiroshima Happy New Ear 32「光と影の物語──タンゴとバッハ」|柿木伸之

Hiroshima Happy New Ear 32「光と影の物語──タンゴとバッハ」 Hiroshima Happy New Ear Concert 32 “History of Light and Shadow —
+ Read More

九州交響楽団第418回定期演奏会|柿木伸之

九州交響楽団第418回定期演奏会 The 418th Subscription Concert of the Kyushu Symphony Orchestra 2023年12月8日(金)19:00開演/アクロス福岡シン
+ Read More

シューベルト 約束の地へVol. 3 答えなき“謎” ハーゲン・クァルテット|柿木伸之

シューベルト 約束の地へVol. 3 答えなき“謎” ハーゲン・クァルテット Schubert – Toward the Promised Land Vol. 3: An “Enigma” without Answer;
+ Read More

特別寄稿|ワルシャワへの旅より|柿木伸之

ワルシャワへの旅より From the Journey to Warsaw Text by 柿木伸之(Nobuyuki Kakigi) 9月の末にポーランドのワルシャワを訪れた。当地のポーランド科学アカデミーとSWPS大
+ Read More

ひろしまオペラルネッサンス公演:モーツァルト『フィガロの結婚』|柿木伸之

ひろしまオペラルネッサンス公演:モーツァルト『フィガロの結婚』 The Annual Performance of Hiroshima Opera Renaissance: Wolfgang Amadeus Mozart
+ Read More

プロムナード|真夏の花からの美学|柿木伸之

真夏の花からの美学 An Aesthetics from Midsummer Flowers Text by 柿木伸之(Nobuyuki Kakigi) 道すがら、花に目を留めることが多くなった。それはたいてい人が植えた
+ Read More

九州交響楽団第414回定期演奏会|柿木伸之

九州交響楽団第414回定期演奏会 The 414th Subscription Concert of the Kyushu Symphony Orchestra 2023年7月27日(木)19:00開演/アクロス福岡シン
+ Read More

Books|わが友、シューベルト|柿木伸之

Books|わが友、シューベルト 堀朋平著 2023年2月25日刊 アルテスパブリッシング 定価6000円 Text by: 柿木伸之 (Nobuyuki Kakigi) シューベルトのミサ曲第2番の「キリエ」では、聴く
+ Read More

青山実験工房第7回公演「追善・一柳慧」|柿木伸之

青山実験工房第7回公演「追善・一柳慧」 Aoyama Experimental Workshop #7 “A Memorial Performance in Honor of Toshi Ichiyanagi” 2023
+ Read More

九州交響楽団第411回定期演奏会|柿木伸之

九州交響楽団第411回定期演奏会 The 411th Subscription Concert of the Kyushu Symphony Orchestra 2023年4月13日 アクロス福岡シンフォニーホール Ap
+ Read More