Menu

カデンツァ|音楽の未来って(4)続・楽譜を読むとは|丘山万里子

パリ・東京雑感|奴隷=<アメリカの原罪>へのあがない|松浦茂長

小人閑居為不善|BLMをよく知るための「白人」映画――ジョン・フォードからランボーへ|noirse

漢語文献学夜話| Gutenberg in China |橋本秀美

撮っておきの音楽家たち|ネッロ・サンティ|林喜代種

五線紙のパンセ|淡路東宝といしいひさいち|今村俊博

カデンツァ|音楽の未来って (3)楽譜を読むとは〜日本のリミックス力|丘山万里子

漢語文献学夜話|Democracy from the Heaven|橋本秀美

パリ・東京雑感|新型コロナを手なずけた女性リーダーたち 自由を捨てる優しさ|松浦茂長

撮っておきの音楽家たち|ヘルムート・ヴィンシャーマン100歳|林喜代種

五線紙のパンセ|いつもおたまがない。|今村俊博

小人閑居為不善日記|懐かしい「コロナショック後の時代」へ――《エンドゲーム》とマノエル・デ・オリヴェイラの旅|noirse

カデンツァ|音楽の未来って(2)〜音響グローバリゼーションの先に〜|丘山万里子

漢語文献学夜話|Words, the Word, and Concepts|橋本秀美

小人閑居為不善日記|ソーシャル・ディスタンス・ゲーマーズ――「アマビエ」とタルコフスキー|noirse

五線紙のパンセ|日本における舞台芸術の創造的活動|原田敬子

撮っておきの音楽家たち|ピーター・アドルフ・ゼルキン|林喜代種

パリ・東京雑感|新型コロナは自然が突きつけた最後通牒?|松浦茂長

カデンツァ|音楽家の騒音性難聴への朗報|丘山万里子

小人閑居為不善日記|パンデミックの中、映画を見る――《キャッツ》と《ブレードランナー》|noirse

パリ・東京雑感|重い喜び、軽い喜び| 松浦茂長

五線紙のパンセ|2)日本の南西地域に継承される音文化から見えてきた「日本」について|原田敬子

撮っておきの音楽家たち|サー・アンドラーシュ・シフ|林喜代種

音楽にかまけている|コロナのなかのマイアベーア、そしてドイツの文化的底力|長木誠司

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13