没後20年 武満徹 オーケストラ・コンサート|大河内文恵 

武満-1没後20年 武満徹 オーケストラ・コンサート

2016年1013日 オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル
Reviewed by 大河内文恵(Fumie Okouchi)
Photos by 大窪道治/写真提供:東京オペラシティ文化財団

<演奏>
オリヴァー・ナッセン(指揮)
クレア・ブース(ソプラノ)*
高橋悠治(ピアノ)**
ジュリア・スー(ピアノ)***
東京フィルハーモニー交響楽団

<曲目>
武満徹:地平線のドーリア(1966)
    環礁 ─ ソプラノとオーケストラのための(1962)*

(休憩)

武満徹:テクスチュアズ ─ ピアノとオーケストラのための(1964)**
    グリーン(1967)
    夢の引用 ─ Say sea, take me! ─ 2台ピアノとオーケストラのための(1991)**/***

武満徹没後20年の今年、それにちなんだ演奏会は数多くおこなわれているが、その中でも特異な演奏会だった。武満の作品のみでプログラムが組み立てられているという点だけではない。フライヤーに記された「盟友ナッセンが贈る、唯一無二の タケミツ体験」という言葉はただの宣伝文句ではなかったのである。

プログラムには「曲目変更のお知らせ」が挿まれていた。ナッセンの希望により、第1曲に予定されていた『テクスチュアズ』と休憩直後に予定されていた『地平線のドーリア』が入れ換えられていた。この変更はいったい何を意味するのか。それをずっと考えながら聴いた。

作曲年代順にしたのか?いや違う。賞をとった曲を順位が上がっていくように並べたのか?それも違う。曲の長さの問題か?まぁ、つべこべ言わず音楽を聴こう。

『地平線のドーリア』は17の弦楽器のための作品で、それらを2群に分けた上で、それぞれの奏者の位置が指定されている。ホールが大きかったためか、奏者から奏者への移り変わりによる立体感はあまり感じられなかったが、ABA形式のAが戻ってきたときに思わず安堵したくなるほどの不安定さが続き、最初から最後までひりひりするような乾いた音響がひたすら続く。

続く『環礁』はソプラノとオーケストラのための作品で、オーケストラだけの部分と「歌」を含む部分とが交互に積み重ねられて構成されている。ソプラノのブースはよく響く声と音程の正確さに抜群のセンスを持つが、歌詞が日本語に聞こえず、歌詞が内包する意味を聴き手に伝えられなかった点が残念だった。

休憩後の『テクスチュアズ』から俄然、音楽が生き生きとし始めた。独特の浮遊感と不安定さを抱えつつも、色とりどりの音響がつづく。浮遊感はいつしか聴き手の不安を助長するものではなく、想像力をかき立てるものへと変わっていく。いわゆる音楽形式に則ってはいないが、ストーリーのようなものが感じられ、わくわくしながら次に何が来るのかを楽しみにしている間にあっという間に終わってしまった。もっと聴きたかったのに。

次の『グリーン』では、鳴り出した瞬間に「あ、武満だ」と思った。そこには間違いなく、「武満徹」と聞いて思い浮かべる音響がある。それは旋律の動きかたと和音の響き、その連結のしかたにある。そして何より、その「武満らしさ」を存分に引き出した演奏をナッセンがしたからこそ、そう感じることができたのだ。10代で『グリーン』に惹かれたというナッセンならではの演奏だった。

振り返ってみれば、『地平線のドーリア』から始まって、作曲年代順ではないにせよ、「西洋音楽の呪縛」からどう逃れようかと模索し、試行錯誤しながら徐々に自分の語法を武満が見出していく過程を追ってきたようにみえる。ナッセンがみせたかったのは「武満徹の音楽はどうやってできたのか」ではなかったか。それは時代順に作品を並べただけでは伝わらない。同じ作曲家として、そして武満徹を心から尊敬する1人の音楽家として、この演奏会を企画したナッセンの想いは、まさにメモリアル・イヤーにふさわしいものであったといえよう。

最後に演奏された『夢の引用』は、武満作品には欠かせないピアニスト高橋悠治と若手ピアニスト、ジュリア・スーがピアノを受け持った。2014年からピーター・ゼルキンとデュオを組んでいるスーは、今日の若手演奏家によくみられる21世紀的な現代音楽へのアプローチで鮮やかに弾いてみせ、この作品が作られた当時にすでに活躍していた高橋は90年代の空気感を纏った演奏だった。

これから武満の音楽をどう演奏していくのか。作曲された当時を維持していくべきなのか、それとも時代に合わせて新しい武満を作っていくべきなのか。没後20年を迎え、武満が生きていた時代と「現代音楽」が変化してきている今、私たちは新たな問題に直面していることを最後に突きつけられたように感じたのは、気のせいだけではあるまい。

cid_7b388206-101d-4dcb-9655-0fdb7310054b