大阪交響楽団第226回定期演奏会|能登原由美   

大阪交響楽団第226回定期演奏会 

2019年2月28日 ザ・シンフォニーホール
Reviewed by  能登原由美( Yumi Notohara) 

<演奏>
外山雄三指揮
大阪交響楽団(管弦楽) 

<曲目>
モーツァルト歌劇「後宮からの逃走」序曲
ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調作品21
〜休憩〜
外山雄三前奏曲 (2012)改訂版
外山雄三:交響曲(世界初演) 

 

「平成」がもうじき終わりを告げようとしている今、改めてこの国の音楽界の来し方を実感させられた。大阪交響楽団のミュージック・アドバイザー、外山雄三による自作世界初演の場に遭遇してのことその身振りからも音楽からも、堅固な幹の内部に西洋とは異なる水脈流れが明らかに感じられる考えてみれば西洋音楽が本格的に入り始めたの今から僅か150年前のこと。国際コンクールでの上位入賞の常連になったとはいえ、私たちの中には西洋との違い確かに存在するようだそれを良しとするかどうか今は問わないけれども外山の作品、そしてその指揮見て感じたことである 

自らに光を当てる、あるいは当てられることを嫌うようだが、外山のそうした姿勢はそもそも創作に表れているのではないだろうか。コンサートマスターの森下幸路とのプレトークでは、「どんな時にどのように作曲するのか」と、創作の契機にも話が及んだそれについては「そもそも発想が音楽そのもの」。つまり、音楽外のものから何らかの着想を得ることはほとんどないとのことだったその手生み出音のなかに、音楽以外の意味があるわけではないということかそれは、創作だけではなく、指揮においても同じであるに違いない 

自作の初演がメインとなった今公演、その新作《交響曲》予想以上に短い作品(約10分)となったため、2012年に作曲した《前奏曲》の改訂版が新たに加えられた  

いずれ、打楽器による激しい一打を伴う始まり。世界を瞬時にしてその音の世界に引きずり込んでいくその後は様々な曲調へと変遷してゆくが、とりわけ《交響曲》は下降音型などの短いモチーフの集積が部分を構成し、それらが互いに緊張関係を形作っている。確かに、ここには音楽外の要素を暗示させるものはない。  

とはいえ、両作品ともに中間部に入るとチェロを中心とした低弦日本の民謡を彷彿とさせるフレーズかすかに奏で始めるまさにこれだ。民謡を土台にした創作で知られた外山ならではものである。そして、これこそ唯一、自己や音楽外の事象を持ち込まないはずの外山が自らの心象を音に表出したものと言って良いのではないだろうか。しかも、民謡旋律を引用していた以前の作品とは異なり、ここでは特定の前面に出るわけではない。むしろ、民謡の調子を伴ったフレーズ響きの波間漂うようであり、そのためにかえって様々な日本古来のイメージを駆り立てるのである。それを「郷愁」と呼ぶならそうかもしれない。いずれにせよ古き日本への郷愁、これこそ、西洋音楽の語法と奏法を身につけた外山の音楽を貫く一つの柱ではないだろうか。  

《交響曲》の方はその後、細かなモチーフを集めた動の部分と旋律的な静の部分を繰り返し、最後に冒頭のモチーフに回帰するとともに突如として終わりを迎えるまるで永劫回帰を思わせるようなその終結に外山が何を託したのかこの後の作品で明らかにされるのかもしれない  

それにしても、作品のみならず、外山の舞台上での一挙手一投足から如実に伝わってくのは、音楽に対する一徹さである。例えば指揮台から必ず降りて行うお辞儀短いカーテンコールそれら動きやしぐさには一切の媚無駄も見られない。指揮においてもしかり。前半に演奏した2曲の古典派作品では、大仰な身振りや飾り、あるいは余計な情感の投入を排し、ただ音楽の生成に実直に従っていた。テンポやダイナミクスの変化や流動性あるいは斬新な解釈が話題を集める昨今の演奏から言えば、そのスタイルに新味は感じられないが、そうした「新しさ」には頓着しないのであろう。むしろ、音と向き合い、作品とその作曲家に向き合う。あるいは聴衆に演奏者に対しても真摯に向き合うそれは音楽を成立させる全てのものへの敬意の表れとも言えるが、それが外山の音楽に対する一徹さの表れと言っても良いのではないだろうか。  

21世紀に入り、時代の流れ、変化は加速度的に速まっているのは誰の目にも明らかだ。音楽のスタイルも嗜好も、その勢いから免れることはできそうもない。けれども、時代の波にのまれることなく、音楽に対する一徹さをもって屹立する大木であるならば歴史の移り変わりの中でも確固とした存在であり続けるのではないか。実に巨視的な視点を与えられた演奏会であった。

関連記事:Back Stage|円熟のタクト、外山雄三との濃密な時間(とき)|二宮光由

(2019/3/15)