小人閑居為不善日記|やはり、音楽に政治を持ち込むべきではない――テイラー・スウィフトとカニエ・ウェスト|noirse

小人閑居為不善日記|ニクソンと薔薇――ブルース・コバーンと《寝ても覚めても》|noirse

小人閑居為不善日記|家族の肖像、孤独の肖像――《万引き家族》と《未来のミライ》|noirse

小人閑居為不善日記|炎上と廃墟と忘却の夏|noirse

小人閑居為不善日記|スピルバーグは「市民ケーン」か| noirse

小人閑居為不善日記|高畑勲の理想、矛盾、未来|noirse

小人閑居為不善日記|怪物と自警団のアカデミー賞|noirse

小人閑居為不善日記 | ECDと『リバーズ・エッジ』が註釈する歴史|noirse

小人閑居為不善日記|光と闇、《ゲド戦記》と《スター・ウォーズ》|noirse

小人閑居為不善日記|悪魔とカルトのカリフォルニア――サンダーキャット《Drunk》|noirse

小人閑居為不善日記|神と宇宙とカレーライス――遠藤賢司追悼|noirse

小人閑居為不善日記|シリアル・キラーとアメリカン・ガール|noirse

小人閑居為不善日記|葛飾、柴又、パリス、テキサス|noirse

小人閑居為不善日記|モール映画としての《ゾンビ》|noirse

小人閑居為不善日記|理解しないための音楽|noirse

小人閑居為不善日記|あなたの人生のサウンドトラック|noirse

小人閑居為不善日記|キープ・オン・ロッキン・イン・ザ・キャピタリズム|noirse

小人閑居為不善日記|鎌倉迷宮物件――清順についての不確かな記憶|noirse

小人閑居為不善日記|ラ・ラ・ランドからの逃亡|noirse

小人閑居為不善日記|デヴィッド・ボウイの「チェンジ」|noirse