Pick Up (2019/7/15)|第29回 日本製鉄音楽賞 受賞記念コンサートで|丘山万里子

第29回 日本製鉄音楽賞 受賞記念コンサートで
At the 29th Nippon Steel Music Awards
Award Winners’ Concert

2019年7月3日 紀尾井ホール
2019/7/3 Kioi Hall
text & photos by 丘山万里子(Mariko Okayama)

本誌にて大活躍の写真家、林喜代種氏が第29回日本製鉄音楽賞特別賞を受賞されたのはすでにご紹介しているが、フレッシュアーティスト賞はこのところ話題沸騰の葵トリオ。
その受賞記念コンサートが7月に(7/3@紀尾井)開かれた。
ロビーには林氏撮影の大家たちのパネルがずらりと展示され、見入ってしまう。
草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバルで39年撮り続けているので、そのショットが多いが、まさに往年の大芸術家の風貌、というか人(音楽)そのものが生き生きと伝わってくる名作揃い。
葵トリオの演奏の前に林氏が登場、短いトークがあった。
いつも、どこでも、氏はジーンズだが、さすがにちゃんとしたスーツ姿である。
様々なエピソードが紹介されたが、写真家としての転換点にあった東京銀行での身分証撮影は、やはり氏の「何を撮るか」の原点だろう。
次々椅子に座る銀行マンにもそれぞれの振る舞い、表情がある。その一つ一つに「人って面白いな」と思った、それが氏のカメラワークには凝縮しているのだ。

大家とのエピソードは以下、バックに映写される写真に沿って。

◆セゴビア
1979年ロンドンのホテルでの取材時の気さくさに驚いた。翌年来日時の新幹線新大阪駅、カメラを向けると夫人とお子さんの肩を抱き寄せポーズをとってくれた。家族愛を感じた。

◆ヘフリガー&ニコレ
レッスンや演奏後の食事を楽しみにしていた。レストランでの二人の会話。
H「日本人作曲家の音程は難しい、こんな風にやる」
N「こう?」 H「違う違う、こうだ」を飽きずに繰り返していた。

◆ジャンドロン
レッスン中、直近距離で。くわえタバコでホールに灰が落ちてもおかまいなし。喉が渇いたとあたりを見回し、ポカリスウェットに気付きゴクゴク。以来お気に入りの飲料となった。

◆武満徹
Music Todayは20回続いたが、その後半10年間を撮影。朝からリハ会場に来ていた。空き時間には口笛。ピアノを弾きつつ口笛。写真についても詳しかった。

◆メニューイン
ロケット博士の糸川英夫と親しく、彼の設計した箱型チェロを弾くのを撮ったことも。ある時、楽屋にヴァイオリンケースを持った博士が現れ、自作のヴァイオリンの試奏を頼んだ。なかなか出てこなかったので、感想を聞いていたのだろう。

◆ホロヴィッツ
舌びらめが好きとのことで、編集者がそれを食べている写真が欲しいという。渋谷のフレンチレストランの晩餐会に舌びらめが出るはずだから、そこを狙え、ということになりめでたく成功。

話と映像に、改めて「巨匠の時代」を感じた。

余談。
先日、たまたま氏と会った時の話。
今の若いカメラマンは音無しカメラで無制限に撮る。ピントや画像の明晰度が写真の良し悪しの基準。
僕は「動き」を撮りたい。だから多少ボケていようが、その方が「生きている、活きている」と思う。
シャッターチャンスは「予期する時間」(音楽の流れと被写体の動き)の中にある。
次のここでこういう絵が撮れるかも、というその持続の想定の中での一瞬の切り取り、瞬発力。
音無し、は指先の「押す」感覚がないからダラダラ時間が流れっぱなしなんじゃないか。

ここには、音楽に向き合うに必須の事項が明瞭に語られていよう。
そうしてデジタル時代の問題点も。

その未来への、若きトリオ。
葵トリオについては本誌でも取り上げているが、コンサートはとても清新溌剌、魅力に溢れた演奏で、5月にトッパンホールで聴いた時よりまたぐんと成長した感じがある。
やはりステージが演奏を育てるのだ、と実感。
若手たちに、とにかく多くのステージを。
改めてそう願う。

関連記事:林喜代種さん 第29回新日鉄住金音楽賞特別賞受賞に寄せて
関連評:ARD ミュンヘン国際音楽コンクール優勝記念 葵トリオ

————————————————–
受賞記念コンサート
<演奏>
葵トリオ /小川響子vn、伊東 裕vc、秋元孝介pf
Aoi Trio / vn.Kyoko Ogawa vc. Yu Ito pf. Kosuke Akimoto
<曲目>
ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第1番ハ短調Op.8
Shostakovich : Piano Trio in C minor No. 1 Op.8
ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第7番変ロ長調Op.97《大公》
Beethoven : Piano Trio No.7 in B-flat major “Archduke”Trio, Op.97
(アンコール)
ハイドン:ピアノ三重奏曲第27番 ハ長調 Hob.XV-27より 第3楽章
Haydn : Piano Trio No. 27 in A-flat major, Hoboken XV:14 (1790) Ⅲ.

(2019/7/15)