2015年 年間企画賞

《Mercure des Arts 2015年 年間企画賞発表》

Mercure des Artsは執筆陣による選考の結果、2015年の年間企画賞に 「ベルナール・フォクルール オルガン来日2公演」

を選出、ここに発表いたします。 この公演は横浜みなとみらいホールとミューザ川崎シンフォニーホールの二つのホールが共同企画、それぞれに個性的なプログラムとプロジェクトで、オルガン世界の深さ、奥行き、広がりを壮大に提示したものです。

ベルナール・フォクルール オルガン来日公演

♪オルガン・リサイタルシリーズ39
  2015年10月31日   横浜みなとみらいホール

♪パイプオルガン×映像プロジェクト「暗闇と光」日本初演
  2015年11月3日   ミューザ川崎シンフォニーホール

 

focc1panf-omote

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<選定にあたって>

ベルナール・フォクルールはルネサンスから現代まで、幅広いレパートリーをもつ世界的オルガニストであるばかりでなく、ベルギー国立歌劇場、またエクサン=プロヴァンス音楽祭の音楽監督を歴任、優れたプロデューサーとしても高く評価されている。 とりわけ、従来の固定化した音楽界の枠組みを打破し、より多くの人々を文化芸術の営みに巻き込むために、多彩な社会活動を精力的に行っていることは特筆に値する。 今回の2つの公演は、そうした彼の思想に裏打ちされた内容構成と高い水準の演奏を示すものであるとともに、広くオルガン音楽の素晴らしさを伝え、演奏会企画の創造性を大胆に打ち出す斬新なものであった。 今後の音楽界に一石を投じる企画として、執筆陣全員一致により今回の贈賞となった。

参考レビュー:

ベルナール・フォクルール-来日公演